MENU

血液中の酵素を増やすDHA

オメガ3,効果,DHA,EPA

DHAとはドコサヘキサエン酸の略称で、魚の脂肪などに含まれる不飽和脂肪酸の事です。

 

DHAは人体の脳細胞や神経組織の形成には欠かせないもので、自らの体内では生成することはできないので、食事から摂取する必要があります。

 

DHAは非常に健康効果が高く、特にコレステロール値を下げる作用があることで有名です。そのメカニズムを分析・解明すると主に2つの薬理作用が働いていることが判明しています。

 

1つは化学構造から派生する物理的化学作用です。

 

DHAには細胞膜のリン脂質に入り込む働きがあり、血管壁や赤血球を柔らかくしてくれるのです。結果、血液の粘度が低下し、酸素供給量の増加に伴いコレステロール値の上昇が予防されるのです。

 

また、酵素としての作用もあります。

 

DHAには血中のHDL(善玉コレステロール)を増加させる作用があります。結果、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を排出する肝臓の働きが効率的に促進され、コレステロール値の低下につながるのです。
オメガ3,効果,DHA,EPA
DHAは主に魚類に多く含まれますが、魚の種類によっては含有量が大きく異なります。

 

特にDHAを多く含む食品を挙げると「イワシ」、「サバ」、「サンマ」等の青魚が代表的でしょう。一般的にスーパーに売られているものばかりなので容易に摂取することは可能です。
オメガ3,効果,DHA,EPA

 

また、今ではより効果的にDHAを体内に取り入れる事が出来るサプリメントがあります。健康食品業界では、DHAを多く含む食品やサプリメントがメディアでもよく取り上げられるようになり、魚がどうしても苦手、臭いがダメ!という人にでも安心してDHAを継続摂取できるメリットがあります。

 

オメガ3,効果,DHA,EPA


DHAの効果記事一覧

カラダを動かす司令塔は主に脳の役割です。ですから、脳の栄養学について考えることはアンチエイジングにとってとても重要な要素になります。そして脳の働きを健全に保つために栄養学的にまず大切なのが「良質な油」です。なぜなら、水を除けば脳の約60%は油で出来ているからです。脳の油のうち50%はコレステロール、DHAとリン脂質が25%ずつです。DHAを摂取すれば脳が活性化して記憶力が上がる、など聞いたことがあ...

このページの先頭へ