MENU

リボタンパク質の合成を抑制するEPA

オメガ3,効果,DHA,EPA

EPAはn-3系不飽和脂肪酸であるエイコサペンタエン酸の略称です。これがコレステロールのコントロールに大きな影響を持つ働きをします。

 

体内に摂り入れた脂質は油であるために、水に溶けることができません。体内には、この脂質を血液中に溶かして体の各部分に輸送するためのリボタンパク質というものが存在します。

 

リボタンパク質のVLDLとは、血液中に存在する脂質の一種です。VLDLが肝臓でLDLとなり、、コレステロールを体の各組織に輸送する働きをします。このLDLが俗に言われる悪玉コレステロールです。

 

そして、EPAはリボタンパク質のVLDLの合成を抑制、妨げる働きをします。これによってEPAがコレステロールを下げるという仕組みに繋がっているのです。またEPAもDHAと同様に体内で生成することはできないので、食べ物から摂取する必要があります。

 

イワシ、さけ、はまち、まぐろ、サンマなどの魚のほかに昆布やわかめなどの海産物にも多く含まれています。

 

EPAの特徴としてはとても酸化しやすく鮮度が高いうちに摂取することが理想とされます。また、魚の油に多く含まれるので、調理では煮魚にするのが理想で汁ごと食べると効率よくEPAを摂取できます。

 

DHA同様にEPAもセットでサプリメントで摂取できるように今は様々なメーカーから出ています。

 

サプリメントなら酸化しにくく体内により効果的に手軽に摂取できるので、多くの方の補助として医療の分野でも推奨されています。

 

オメガ3,効果,DHA,EPA

 

 

 


このページの先頭へ