MENU

老化促進と健康の敵!良くない油の代名詞「トランス脂肪酸」とは?

 

オメガ3のようなカラダに不可欠な良い油がある一方で、気をつけたいのは「良くない油」を脳の組織の原料にするのも避けたいです。
良くない油といえば、マーガリンやショートニングなどに代表される「トランス脂肪酸」です。一度は聞いいたことがあるのではないでしょうか?

 

これらの「トランス脂肪酸」は動脈硬化、心臓疾患、がん、アレルギーなどへの影響が報告されていますが、脳の活動に必要な酸素を破壊するので、脳にもかなりの悪影響があるようです。

 

トクホだからって安心できない!?日本の規制の緩さはこんなところに!

アメリカや最近ではアジア圏、韓国でもトランス脂肪酸は法律で規制されているのはご存知でしょうか!?アメリカで随分と前から厳しい規制が敷かれているようですが、韓国でも学校給食ではトランス脂肪酸の量を制限し、違反した会社や栄養士は処罰されるという厳しい法律ができたほど...。

 

では、日本ではどうでしょう?なぜか日本では今だに規制がなく、逆にトランス脂肪酸が5.2%も含まれている食用油に「脂肪がつきにくい」との謳い文句で「トクホ」に認定を与えていたという事実も発覚しています。

 

コレステロール下げるトクホ成分「植物ステロール」に動脈硬化促進リスク EUは健康な大人や子どもの摂取を止める警告義務化


コレステロール値を下げる効能をうたう「植物ステロール」入りの食用油やマヨネーズが、日清オイリオ、キューピー、味の素といった大手から、トクホ製品として発売されている。だが海外では「植物ステロール」の摂取で、逆に血管が詰まりやすくなり将来の心臓疾患リスクが増える可能性を示唆するオランダの研究論文をもとに、ドイツの政府機関が懸念を表明。EUは今年7月、血中コレステロール値が普通の人や子どもは摂取しないように、という警告表示を義務付ける決定を下した。一方、日本では販売促進のため本来は不要な人にも摂取させようという広告宣伝が氾濫。真っ先に動くべき消費者庁は、海外の食品安全情報の収集すらしておらず、かつて食品安全性管理も併せて担当していた厚労省から「表示」行政だけ移管してきた消費者庁の限界を見せている。こうした体制では第2第3のエコナ事件を防ぐことは到底できない。
引用元:My News Japan

 

トランス脂肪酸を多く含む主な食品

トランス脂肪酸は油脂類に最も多く含まれており、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングに特に含有量が多い製品があったほか、バター、植物油脂、動物油脂にも比較的多く含まれていました。油脂類以外の食品で、トランス脂肪酸の含有量が1%を超える製品が含まれていた加工食品は、コンパウンドクリーム、生クリーム、コーヒークリームなどのクリーム類、ケーキ、パイ、ドーナツ、ビスケットなどの洋菓子類、マヨネーズ、チーズ、クロワッサン、ポップコーンなどで、いずれも油脂の含有量が多い食品でした。また、牛肉の肩ロースやサーロイン、内臓肉である“ハラミ(横隔膜)”のように牛肉の中でも特に脂肪が多い部位にトランス脂肪酸が多く含まれていました。

 

牛肉や乳製品に含まれる主に天然由来のトランス脂肪酸の含有量の製品による差は小さく、一方で、加工食品に含まれている主に硬化処理された油脂に由来すると考えられるトランス脂肪酸の含有量には製品によって大きな差があることがわかります。
引用元:農林水産省

 

穀類

  • 菓子パン:トランス脂肪酸含有量/0.039〜0.78
  • 食パン:トランス脂肪酸含有量/0.030〜0.32

 

乳類

  • 牛乳(種類別牛乳):トランス脂肪酸含有量/0.069〜0.13
  • ナチュラルチーズ:トランス脂肪酸含有量/0..50〜1.5

 

油脂類

  • バター:トランス脂肪酸含有量/1.7〜2.2
  • マーガリン:トランス脂肪酸含有量/0.94〜13
  • ファットスプレッド:トランス脂肪酸含有量/0.99〜10
  • 食用植物油:トランス脂肪酸含有量/0.0〜1.7
  • 食用調合油:トランス脂肪酸含有量/0.73〜2.8

 

菓子類
ポテトスナック:トランス脂肪酸含有量/0.026〜1.5
チョコレート:トランス脂肪酸含有量/0〜0.71

 

食品表記名は「マーガリン」「ショートニング」「加工油脂」「食品生成加工油脂」「加工油」「加工脂」「ファストブレッド」などとあるはずですが、日本は規制が甘いので単に「食用植物油脂」「植物性油脂」と書いてあるのが、じつはトランス脂肪酸の多い加工油脂であることもあるそうなので注意が必要です。

 

 

脳をアンチエイジングにこれらのトランス脂肪酸に気をつける必要があります。普段の何気ない食生活に潜む危険を察知し、老化を促進する食品に気をつけることが自分や家族全員の健康に対して大切なのはいうまでもありません。


このページの先頭へ